院長メッセージ 専門医との連携

院長

院長

獣医師・獣医学博士

平野 太一

Taichi Hirano DVM, PhD.,

帝京科学大学 アニマルサイエンス学科 非常勤講師

ごあいさつ

ひらの動物病院院長、平野太一と申します。当院は、患者さんと飼い主さんに『最新・最善の治療で伝わる・つながる医療』を提供することを目指し、開院いたしました。
患者さんと飼い主さんのおかれている状況は様々です。一般的によいとされる治療が最善とは限りません。画一的な医療や一方的な医療を提供するのではなく、飼い主さんとのコミュニケーションを第一に、個々にあった最善の治療を提供することを目指します。飼い主さんと患者さんの幸せを第一に考えて診療を行っていきますのでよろしくお願いたします。

専門医との連携について

専門医との連携図

近年、小型犬の膝の疾患やダックスフンド等の椎間板ヘルニアなどの整形外科疾患、ペットの高齢化に伴う腫瘍や循環器疾患などが増加してきています。獣医学の進歩により、それらの疾患の診断・治療技術も向上してきていますが、高度な診断・治療技術をご提供するには、各々の分野の十分な専門知識が必要不可欠です。
当院では、整形外科、循環器疾患、腫瘍疾患、消化器内科など各分野において、大学病院を始めとする専門医と連携し診断・治療に当たっております。
疾患の状況によっては、各分野の専門医を招き、当院にて診断・治療を行ったり、特殊な手技が必要な場合は専門病院をご紹介しております。
全ての患者さんにより良い治療をご提供するように努力して参りますので、よろしくお願い致します。

ワンちゃんのトレーニングについて

ワンちゃんのトレーニングはしつけ教室や保育園等に預けておこなう事も多いですが、一番良いのは、いつも生活している環境で飼い主さんと一緒にトレーニングを行う事と言われています。
当院では、訓練士の資格を持ったトレーナーをご紹介し、ご自宅やいつもの散歩コースでトレーニングを行います。
詳細はお問い合わせください。

診療の可視化について

当院では、ペットの緊張やストレスを軽減すると共に、飼い主様がペットの病気への理解を深めて頂けるように、可能な限り診察・検査(採血や超音波画像検査など)を飼い主様の見える所で行う様に努めております。
ご理解とご協力をお願い致します。
また、検査や治療についてご質問がありましたら、その都度お尋ねください。

診療方針

  • 1.検査・治療において最新・最善の医療を提供いたします。
  • 2.患者さん・飼い主さんの生活の質(QOL)の維持・向上を考慮しながら、それぞれにあった医療を提供いたします。
  • 3.患者さん・飼い主さんとのコミュニケーションを大切にし、信頼関係の構築を目指します。

院長略歴

  • 2000年3月 日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)獣医学部獣医学科卒業
  • 2006年3月 同大学大学院繁殖学専攻 博士課程卒業
  • 2006年4月より一般開業動物病院にて臨床経験を積む
  • 2013年3月 ひらの動物病院開院
  • 2015年~   帝京科学大学 アニマルサイエンス学科 非常勤講師

▲ページのtopへ